TOP > 住宅設備リース事業 > 管理会社さまへ

住宅設備リース事業

管理会社さまへ

管理会社さまのメリット

管理会社さまのメリットをご紹介いたします。

効率のよい
資金運用
たとえば新しい住宅設備を導入する際の初期費用など、従来であれば一時的にまとまった多額の現金が必要になります。しかし、クレジットやリース契約によりお支払を月々一定額に固定できますので、資金を効率よく運用できます。
節税効果 リース料金は原則として全額経費に認められるので課税対象になりません。また、資産にも該当しないため、減価償却計算や固定資産税のお支払いなども必要ありません。つまり、経費の均等化が実現できます。
最新設備 最新設備の活用が手軽に行えます。購入する場合は償却の関係で新しい機器に変えにくいものですが、リースの場合は陳腐化リスクを軽減し、タイムリーに最新鋭の機械設備をご利用いただけます。これにより、賃料を下げないための最新設備リフォームが実現できます。
業務管理の
簡素化
業務管理を簡素化できます。購入する場合は、機器の購入手続きや、固定資産税の申告・納付、減価償却計算などの財務事務、機器の廃棄の手続きなどが必要ですが、リースの場合はそうした業務が不要となります。

住宅設備リース事業